ソリューション詳細

組織のコミュニケーション活性化

組織活性化の鍵となるコミュニケーションの重要性に、制約のある環境体験によって改めて気付きを与え、「相手の立場になって考える」「想像力を働かす」「丁寧な会話をする」を心がけるワークショップで解決します。

企業の課題

  • 組織内のリーダー・メンバー間、メンバー同士、部署間などのコミュニケーション不足で機能不全が起こってる。
  • 「分かっているはず」「伝わっているはず」による意思疎通の失敗が起きている。
  • お互いの様子見によりリーダーシップが発揮されていない。

解決方法

「ダイアローグインザダーク」や「パラディスボール」など、五感の一部を制限して行うワークショップを通じて、チームビルディング、リーダーシップ、フォロワーシップ、丁寧なコミュニケーション、得意不得意を補う習慣、異なる特性や背景を持つメンバーへの想像力、サポート方法を体験的に身に付けます。後日、振り返り研修をすることで気づきを促し、ワークショップ後も組織内のコミュニケーションが活発化する仕組みもご提案します。

画像:解決方法イメージ

このソリューションの成果

メンバー間の相互理解を促進する習慣が身に付き、独善的なスタンスや、投げやりなコミュニケーションが改善され、スムーズな意思疎通や前向きで活発な議論ができる職場風土が醸成されます。

このソリューションの実績

  • 企業合併時の経営陣研修
  • 自治体教育指導者研修
  • 電気メーカー技術者研修
  • 自動車メーカー技術者研修
  • 飲料メーカー商品開発
  • 広告会社新入社員研修
  • 旅行会社接客担当者研修