ソリューション詳細

みんなにやさしい店舗づくり

お客様との重要な接点である店舗のインフラを整備することで、高齢者をはじめとする多様な顧客にとって「入りやすい・見やすい・買いやすい」売場環境を実現し、通いたくなるお店を目指します。

企業の課題

  • 拡大するシニアマーケットに対応したい。
  • 障害者差別解消法に対応できていない。
  • 多くの顧客にとって快適な店舗になっていない。

解決方法

3500万人を超える高齢者が買い物しやすい店舗設計をお手伝いします。また、約1500万人いると言われる難聴者の方が聞き取りやすい店内放送を実現するために、再生装置や室内環境などを見直します。さらに、多くの方から見やすいサイネージ(みんなのサイネージ)の開発や、視覚障害のある顧客のために店内の情報を点字化するためのコンサルテーションを行います。

このソリューションの成果

購買行動が保守的と言われる高齢者に、積極的なブランド・スイッチを促します。また、店舗内放送の聞き取りやすさ向上により、顧客呼出し回数の減少(=時間短縮)、サイネージによる掲出情報の伝達率向上、店舗音響環境の快適化、視覚障害者対応が可能です。

このソリューションの実績

  • ホームセンターにおいて、高齢者が買い回りしやすい導線や店舗内表示の改善。
  • 交通機関やロビーなどでのサイネージの視認率の向上。
  • 病院、銀行、証券会社などの店舗呼出し改善。
  • 美術館、催事パビリオンでの点字ガイド。