講演レポート

講演概要

  • 講 演

毎日新聞やさしい日本語シンポジウム

  • 日 時

    2019年03月11日(月)00:00

  • 場 所

    毎日ホール

  • テーマ

    外国人受け入れ拡大における日本社会の対応

  • 講演内容

    2019年4月、毎日新聞社が新聞社として初めて「やさしい日本語」のシンポジウムを開催しました。改正入管法が4月に施行され、外国人労働者受け入れ枠が大幅に拡大され、その一方で、受け入れる日本人側の 姿勢も問われています。日本人と外国人、外国人同士の共通言語としての「やさしい日本語」を考えるシンポジウムでは、多文化共生、外国籍の子どもの教育という視点に加え、企業や行政、そしてメディアとして外国人にどう向き合うべきかなど、さまざまな角度から「やさしい日本語」の可能性が議論されました。 パネリスト 山脇啓造・明治大学国際日本学部教授 田中宝紀・YSCグローバル・スクール責任者 吉開章・やさしい日本語ツーリズム研究会事務局長 坂本信博・西日本新聞社編集局デジタ ル編集チームデスク コーディネーター 石原進・元毎日新聞論説副委員長・にほんごぷらっと代表世話人

  • 登壇する研究員
    • 吉開 章
  • 主催者公式サイト

    https://kokucheese.com/event/index/556617/

領域

  • コミュニケーション

キーワード

  • 多文化共生
  • やさしい日本語

レポート

2019年3月28日毎日新聞朝刊(関東)で採録記事が掲載されています。